『さがみはらSDGsアワード2023』市長賞受賞のさがみこファームが、SDGsを現場で実体験できる学校団体・企業向けの体験プログラムをリリース!!

『さがみはらSDGsアワード2023』市長賞受賞のさがみこファームが、SDGsを現場で実体験できる学校団体・企業向けの体験プログラムをリリース!!

株式会社さがみこファーム(神奈川県相模原市)は、相模原市山間部の耕作放棄地を再生し、農産物と自然エネルギーを同時に生産する「ソーラーシェアリング」を相模原で初めて実現。36種類1,100本のブルーベリーの摘み取りが楽しめる体験型農園『さがみこベリーガーデン(SBG)』を2023年6月にオープンし、年間2,000名の方が農園を訪れました。

先駆的な取り組みが認められ、日経SDGs先進度調査で第5位の相模原市が主催する『さがみはらSDGsアワード2023』で最高賞となる「市長賞」など、様々な賞をいただきました。

そこで今回、学校団体や企業の視察・研修向けの体験プログラムを強化、受入を拡大します。

続きはこちら

prev back